日曜礼拝

礼拝の様子

礼拝の様子

礼拝とは、神の前に静まり、神の言葉である聖書に耳を傾け、神に感謝を奉げることです。その意味では、クリスチャンだけが真に礼拝できると言うこともできます。しかしこの日曜礼拝の場は、クリスチャンだけでなく、福音を求めているすべての方に開かれています。初めての方もどうぞ遠慮なくおいでください。

徳田牧師の礼拝説教はこちらです。

礼拝時間

  • 日曜日 11時から12時15分頃まで
  • 日曜礼拝は祝祭日関係なくあります。

礼拝スタイル

オルガンと賛美歌の伝統的なスタイルが基本ですが、ピアノやギターの賛美も取り入れています。2014年度から、『教会福音讃美歌』(いのちのことば社)を公式賛美歌集として使っています。

礼拝の流れ

  1. 前奏・・・オルガンを聴きながら心を静めます
  2. 賛美・・・立ち上がって皆で賛美歌を歌います。初めての方や慣れない方は歌詞を目で追うだけでも結構です。
  3. 交読・・・詩篇を司会者と会衆で交互に読みます。
  4. 祈り・・・司会者が祈ります。頭を下げ、心を神様に向けてください。
  5. 賛美・・・座ったままで皆で賛美歌を歌います。
  6. 聖書通読・・・司会者が旧約を、当番が新約を読みます。
  7. 祈り・・・当番が毎週順番に祈ります。
  8. 特別賛美・・・特別に用意した方がいれば、その方に賛美していただきます。
  9. 説教・・・聖書の解き明かしです。およそ30分です。
  10. 賛美・・・座ったままで皆で賛美歌を歌います。
  11. 献金・・・献金は神に感謝の心をもって献げるものです。ご用意のない方はそのままお過ごし下さって結構です。
  12. 証し・・・神さまの恵みを証言するものです。希望者がいればしていただきます。
  13. 連絡報告・・・週報をもとに連絡や報告がなされます。
  14. 頌栄・・・立ち上がって皆で頌栄の賛美歌を歌います。
  15. 閉会・・・以上で礼拝は終わりです。その後いつも「手話講座」が短くあります。

 

  • 礼拝堂に入ってすぐの受付で週報をお取りください。礼拝の流れやお知らせなどが載っています。
  • 入場料はありません。初めてという方も自由にご参加ください。
  • 聖書は教会に備え付けてあります。また、前方のスクリーンに賛美歌の歌詞や聖書箇所が映し出されます。
  • 聖書箇所は、基本的に「主日聖書日課」に従っています。
  • 偶数月の第2日曜日には、主の晩餐(聖餐式)があります。
  • 礼拝終了後、茶菓の用意があります。また、毎月第3日曜日には愛餐会があり、食卓をともに囲みます。
  • 献金の具体的な用途については教会員の月例会で報告されます。教会員以外でお尋ねになりたい方は、牧師まで遠慮なくお問い合わせください。
  • 初めての方には「新来者カード」をお渡しします。差し支えのない範囲でご記入くださり、受付の者にお渡しください。連絡先の欄は今後のご案内のためですが、記入は自由です。

ご質問やご要望があれば牧師までどうぞ。